次期「iPhone」のプレミアムモデルには初代「iPhone」のような「Water Drop Design」が採用!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、2017年に発表する次期「iPhone」シリーズには、従来の4.7インチモデル、5.5インチモデルに加え、新たに5インチまたは5.8インチのプレミアムモデルが追加されるとみられていますが、このプレミアムモデルには初代「iPhone」のような「Water Drop Design」が採用されるかもしれません。

スポンサーリンク

「Water Drop Design」に原点回帰か

韓国のETNewsは、業界の情報筋によると、次期「iPhone」のプレミアムモデルには背面ケースに3Dガラスが採用され、このガラスケースは初代「iPhone」のように上下左右が緩やかに曲面を描き、既存のメタルケースよりも角が丸く緩やかな「Water Drop Design」になると報じています。

また、フロント部分は背面とは対象的に比較的平らなデザインとなり、シリーズ初となる有機ELディスプレイが採用されるとも報じられています。

なお、この「Water Drop Design」は「iPhone 3GS」まで採用されていたデザインで、2017年は「iPhone」の誕生から10周年となるため、初代「iPhone」へのオマージュとしてこのデザインが採用される可能性があるとのこと。

先日の情報では、これまでの情報にあった曲面ディスプレイ、全面液晶ディスプレイ、ホームボタンの廃止などは、プロトタイプモデルの1つにあるだけで、Appleはまだプレミアムモデルのデザインを決めかねているとも報じられており、今回の「Water Drop Design」もプロトタイプの1つなのかもしれません。



[via MacRumors]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク