次期「iPhone」シリーズは防水機能が強化されワイヤレス充電機能が搭載 – WistronのCEOが詳細を明かす

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

「iPhone 8」を含む次期「iPhone」シリーズの製造には現在のFoxconnとPegatron Technologyに加えて、台湾のWistronが新たに加わるとみられていますが、NIKKEI ASIAN REVIEWによると、WistronのCEOであるRobert Hwang氏が、今年秋に発売される5.5インチの新型「iPhone」に強化された防水機能とワイヤレス充電機能が搭載されることを示唆する発言をしたことが分かりました。

SPONSORED LINK

次期「iPhone」シリーズは全てのモデルに強化された防水機能とワイヤレス充電機能が搭載か

WistronのCEO Robert Hwang氏は「次期「iPhone」の組立工程は以前のモデルとそれほど変わらないが、防水やワイヤレス充電などの新機能に異なるテストが必要で、防水機能のために組立工程が少し変わっている。」と発言。

Wistronが製造を担当しているのは次期「iPhone」シリーズの5.5インチモデルなので、この発言は「iPhone 7s Plus」のことを指しているものとみられており、先日リークされた情報でも「iPhone 8/7s/7s Plus」ではワイヤレス充電機能を搭載するためにガラス製のパネルを採用すると報じられていました。

なお、以前から次期「iPhone」シリーズのプレミアムモデルとなる「iPhone 8」にはワイヤレス充電機能が搭載されると噂されており、「iPhone 8」と「iPhone 7s Plus」に搭載されて「iPhone 7」にだけ搭載されないというのはあまり現実的ではありません。

このことから、次期「iPhone」シリーズでは「iPhone 8」「iPhone 7s」「iPhone 7s Plus」全てにワイヤレス充電機能が搭載され、Wistronが防水機能のために組立工程を変更したことから、防水機能も全てのモデルで強化されるだと思われます。

【関連記事】
「iPhone 8」や「iPhone 7s」シリーズのガラス製フロント/バックパネルが流出 – やはりワイヤレス充電に対応か
「iPhone 8」には5mの遠距離ワイヤレス充電に対応か!? – 背面にワイヤレス充電用の部品が搭載された図面も公開
最新のリーク情報を反映した「iPhone 8」と「iPhone 7/7 Plus」や「Galaxy S8」シリーズの比較
「iPhone 8」のTouch IDは電源ボタンかディスプレイに内蔵へ – 新たなケースや金型がリーク
「iPhone 8」は遅れず9月に発売へ – 生産や部品供給に遅れはない模様
「iPhone 8」の最終デザインが決定!? – モックアップの写真が流出

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク