「iPhone 8」のディスプレイ面を図解する画像が公開 – ファンクションエリアやディスプレイ上部もバッチリ

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨日の記事で、これまでの有力なリーク情報を全て反映し、実際の「iPhone 8」にかなり近いと思われるレンダリング画像をご紹介しましたが、「iPhone 8」のリーク情報ではお馴染みとなったBenjamin Geskin‏(@VenyaGeskin1)氏は、ファンクションエリアやディスプレイ上部のセンサーパーツなど「iPhone 8」のディスプレイ面を図解する画像を公開しています。

SPONSORED LINK

「iPhone 8」のディスプレイ面の詳細が明らかに

今回公開された「iPhone 8」のディスプレイ面を図解する画像は以下の画像で、これまでの噂通りホームボタンが廃止されベゼルレスデザインに。さらにディスプレイは5.8インチで下部には0.65インチの新領域「ファンクションエリア」が搭載されています。

この0.65インチの新領域「ファンクションエリア」が実際にはどのように使われるのか現時点では明らかになっていませんが、ホームボタンが廃止されることによってホームボタンの代わりとなる他、物理ボタンからデジタルに変更されることで様々なiPhoneの操作が「ファンクションエリア」でまかなえるようになるとみられています。

また、ディスプレイ上部はFaceTimeカメラや各種センサーを避ける形のディスプレイに。このディスプレイ上部には3Dセンサーが搭載されると噂されていますが、そのせいで発売が遅れる可能性も囁かれています。

なお、実際の「iPhone 8」がこのような形になるのかは不明ですが時期的なことやここ最近の情報を考えても、少しずつ予想デザインの確度が増してきているので、今回のデザインも実際の「iPhone 8」にかなり近いのではないかと個人的には思っています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク