早くも「iPhone 9」の噂が登場 – 5.28インチと6.46インチの2モデルに!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

ここ最近、またしても「iPhone 8」のTouch IDの位置についてのリーク合戦が激化。「Touch ID」は背面に搭載されるという情報が公開されれば、すぐに別の人物が「iPhone 8」のTouch IDは電源ボタンかディスプレイに埋め込まれるといった状況。

そんな中、MacRumorsは、まさかの「iPhone 9」のリーク情報を公開。「iPhone 9」はAppleが2018年に発売すると思われる新型の「iPhone」ですが、あまりにも先のこと過ぎて現時点ではほとんど情報が出てきていません。詳細は以下からどうぞ。

スポンサーリンク

「iPhone 9」ではさらにディスプレイが大きくなる

THE INVESTORが、AppleとSamsungのサプライチェーン取り引きの報告書によると、Appleが2018年に発売する予定の「iPhone 9」には5.28インチモデルと6.46インチモデルのディスプレイサイズがラインナップされるようだと報告。

現行モデルの「iPhone 7」が4.7インチ、「iPhone 7 Plus」が5.5インチであることを考えるとかなり巨大化している気がしますが、AppleとSamsungはすでに、画面サイズなどの条件を盛り込んだ非公開の契約を締結したとも報じられています。

また、この「iPhone 9」の5.28インチモデルと6.46インチモデルは2つとも有機ELディスプレイが採用されるそうで、これを受けてSamsungの有機ELディスプレイの出荷台数も1億8,000万枚に倍増すると推測されています。

ただし、「iPhone 9」の発売までにはまだまだ時間がある上、現時点ではこれ以上の情報も公開されていないので、今回の情報はあくまでも話半分程度で捉えておいた方がいいのではないでしょうか。

なお、Appleが今年発売する予定の次期「iPhone」シリーズは、従来モデルのアップグレードモデルとなる4.7インチの「iPhone 7s」、5.5インチの「iPhone 7s Plus」、さらに有機ELディスプレイを採用しベゼルレスデザインワイヤレス充電など様々な新デザインを盛り込んだプレミアムモデルの「iPhone 8」が登場すると噂されています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク