[いよいよ]iPhone SEは買いなのか?選択すべきポイントは盛り沢山[明日発売!]

2016年3月31日

スポンサーリンク

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

いよいよ明日3月31日に「iPhone SE」が発売される訳ですが、新生活に備えてここはiPhoneも新しくしたい所です。
そこで、今回は「iPhone SE」の魅力的なポイントを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

しっくりくるボディサイズ

27-January-Photo-4-750x444-e1456456994351

「iPhone SE」は人気の高かった「iPhone 5s」のボディデザインを踏襲しており、画面サイズは「iPhone 6s」の4.7インチから4インチへとサイズダウンされている。
ここ数年、スマホの進化に併せて画面サイズもドンドン巨大化されており、ハッキリいってスマートじゃないフォン化しているといっても過言では無かったが、4インチという手の小さな方でも十分片手で取り回せるサイズこそが至高だと僕は感じている。

今では大半の方がiPhoneにケースを着けて、端末の保護や個性を主張しているが、大きな端末ではケースを着けると更に大きくなる、お洒落は我慢とはいうものの、それではスマートではない。
だが、この「iPhone SE」のサイズだと、ケースを着けてもしっくりくるサイズ感で、カバンを持ち歩かない男性のポッケにもスッポリ収まり、スッと取り出せる。案外この日常の動作がスムーズでないとストレスなものなのだ。
「iPhone SE」は「iPhone 5s」と同じサイズなので、ケースも同じものを使えるのも利点。幅広い種類のケースを選択できるのも嬉しい。

そして小さくなる事で、これまで巨大化されていたスマホのせいで8インチタブレットの価値が薄れつつあったが差別化が出来る様になると思います。
スマホとタブレット、用途に応じて使い分ける事で作業や娯楽がより捗るワケなのだ。

「iPhone 6s」より追加された鮮やかな「ローズゴールド」も端末色に加わり、可憐さも増した。角部のエッジの質感もあり、品のあるデザインで、これぞまさに正当な進化だとも言える。

小さいながらもハードは現行機

iPhone SE - Apple(日本) 2016-03-30 23-35-50

小さくなったからといってもその性能は侮るなかれ。
CPU/GPUプロセッサは「iPhone 6s」と同じ「A9/M9」を搭載しており、高速。
2GBのRAMでアプリ落ちの心配もせずに運用できる。

フロントカメラだけが「iPhone 6s」より画素数が落ちており、ビデオチャットや自撮り等には少し粗く感じるが、自撮りに至っては撮影後加工アプリで編集する事が出来るので問題ない。
なにより、僕のような世間にお見せ出来ない面構えをしていると画素数の高いカメラでは毛穴までハッキリ映ってしまうので、少し低いくらいが丁度いいと考える。
リアカメラは「iPhone 6s」と同様1200万画素なので、風景や思い出写真を鮮やかに収める事が可能だ。

バッテリーにおいてはネットブラウジング時の「iPhone 6s」との比較において、「iPhone SE」は「iPhone 6s」よりも3時間もバッテリーの持ちが良い事が明らかになっている。画面サイズの縮小化がロングライフ化に繋がったのだろうか。バッテリーが長く持つという事はそれだけで精神衛生上にゆとりが出る。スマホ慣れした現代人にとって、バッテリー残量の少なさは何気に気になりストレスとなるものだ。
バッテリー容量の差だけでも「iPhone SE」を選びたくなる。

スポンサーリンク

「iPhone SE」これは買いだ!

価格も現行の「iPhone 6s」よりも手が出やすいものとなっており、SIMフリーモデルでMVNO運用して固定費を抑える事も出来るので、使用用途によっては非常にコストパフォーマンスの高い端末となる。
新生活に備えAndoroidからの移行を考えるユーザーにも往年のiPhone愛用者も納得のいく端末でしょう。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク