[ケース装着派でも]国立商店の「職人が作るレザースリーブ for iPhone SE スペシャルエディション」はシンプルで飽きないスリーブケースだ![非装着派にも]

2017年6月29日

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

iPhone SEのケースをお探しの方、装着するタイプのケースも良いですが、革職人のお手製の非使用時だけ収納するスリーブタイプのケースもおすすめです。

スポンサーリンク

ヌメ革で経年変化を楽しむ

olsv-iphone_se_spl-011

国立商店から発売される「職人が作るレザースリーブ for iPhone SE(4インチ)スペシャルエディション」は植物性のタンニンで鞣(なめ)したヌメ革を素材に職人の手によって、高い品質のケースへと仕上げられている。

iph6-brnspl-1001_1_1

使用しているのは1.9mmの極厚レザーでケース内側には厚み1mmのマイクロファイバーが重ね合わせており、iPhone SEをしっかり傷から保護しつつ、画面を綺麗に保つ。
ブラウンカラーのヌメ革にはアンティーク加工が施されており、色味に濃淡を付け、奥行きのある雰囲気を出しているとの事。

olsv-iphone_se_spl-050

使い込めば、使い込む程馴染んでくるので、iPhone SEとともにエイジングを楽しみながら使っていける。画像は約3週間使用したもの。かなり渋い。

iph6-brnspl-401_1_1

付属する50mmの幅広ゴムバンドをケースに装着すれば、タッチペンやイヤフォン等を1つに纏めておけて便利。かばんの中で散らばる心配もこれで無くなるでしょう。

スポンサーリンク

用意されてるサイズは2種類

サイズは「ジャストサイズモデル」と「ルーズフィットモデル」の2種類が用意されており、「ジャストサイズモデル」は保護ケース等が非装着の状態の裸のiPhone SEがジャストで収納出来るサイズとなっている。

もう一方の「ルーズフィットモデル」は保護ケースを装着したiPhone SEでも収納できる様に作られている。Apple純正のレザーケースを装着したiPhoneにフィットされるように設計されているので、あまりにも厚みのあるケースには対応しないと思います。そして、TPU素材や滑り止め効果のある保護ケースも内部のマイクロファイバーと干渉するのでこちらも注意を。

価格は5,940円(税込)で、現在予約注文を受付しており、5月中旬に届くとの事。
1つ1つ微妙に差のあるハンドメイドなケースとなっていますので、他の人とは一味違うケースを使いたいって方は是非、検討されてはいかがでしょうか。

もちろんiPhone6/6s(Plus)用もラインナップされています。

・職人が作るレザースリーブ for iPhone SE(4インチ)スペシャルエディション 国立商店

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク