Apple、パフォーマンスの改善を含む「iTunes 12.6.1」をリリース

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

本日、Appleは「iOS 10.3.2」と「macOS Sierra 10.12.5」、さらに「watchOS 3.2.2」と「tvOS 10.2.1」を各デバイス向けにリリースしましたが、同時にiTunesの最新バージョン「iTunes 12.6.1」もリリースしています。

「iTunes 12.6.1」はマイナーアップデートとなっていて、パフォーマンスの改善が含まれていますが、その他に大きな変更点や追加機能などはありません。

なお、アップデートはMac App Storeの「アップデート」タブから行うことが可能となっていますので、「macOS Sierra 10.12.5」にアップデートするついでにでもアップデートしておくといいかもしれません。

ちなみに、今年中にはWindows Storeで「iTunes」や「Apple Music」の提供が開始される予定となっています。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク