iTunes Storeの「今週の映画」に「藁の楯」が選ばれ特別レンタル価格100円で配信中(6/13まで)

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、iTunes Storeの「今週の映画」に木内一裕の小説家デビュー作を三池崇史監督が映画化した「藁の楯」を選出し特別レンタル価格100円で配信しています。

スポンサーリンク

今週は三池崇史監督作品「藁の楯」が100円で配信中

藁の楯」は、「ビー・バップ・ハイスクール」シリーズで有名な漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション映画。

凶悪な殺人犯に10億円の懸賞金がかかり、犯人を護送することになった刑事たちの緊迫した道程が描かれており、大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也などが出演しています。

「この男を殺してください。御礼に10億円差し上げます。」前代未聞の新聞全面広告に、日本中が揺れた!広告主は巨額の資産を持つ財界の大物・蜷川。幼い孫娘を惨殺した男、清丸の首に懸賞金を懸けたのだった。命の危険を感じた清丸は、潜伏先の福岡で出頭する。全国民の殺意が向けられる中、48時間以内に清丸の身柄を警視庁に移送するため、5人のSPと刑事が選ばれた。護衛対象は“人間のクズ”。一般市民、警察官、機動隊員までもが執拗に命を狙ってくる中、命懸けの移送が始まる。見えない暗殺者から逃げる為、護送車、救急車、新幹線と次々と移動手段を変えても、なぜか、ネット上のキヨマルサイトには移送チームの居場所が更新されてしまう。いつ?誰が?何処から襲い掛かってくるか分からない、誰が裏切り者か分からない極限の緊張状態が続く・・・。はたして、人間のクズを命懸けで守る事に価値はあるのか?それが“正義”なのか?SPチームは無事に清丸を警視庁に移送することができるのか?物語は、誰も予測できない衝撃のクライマックスを迎える!

なお、「今週の映画」はスタッフが選んだおすすめの映画を1週間限定(2017年6月13日まで)で特別価格100円でレンタルすることの出来るキャンペーンで、再生を開始してから48時間以内であれば何度でも見ることが可能となっていますので、興味のある方はこの機会に視聴してみてください。

藁の楯

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク