Apple、それぞれ様々な新機能を追加したiOS向け「Pages 3.1」「Numbers 3.1」「Keynote 3.1」をリリース!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleが、iOS向けの「iWork」アプリをアップデートし、それぞれ様々な新機能を追加したiOS向け「Pages 3.1」「Numbers 3.1」「Keynote 3.1」をリリースしています。

SPONSORED LINK

iWork 3.1 の新機能

Pages 3.1」「Numbers 3.1」「Keynote 3.1」でのアップデート内容は下記の通りで、それぞれテキストを上付きまたは下付きにフォーマット、リガチャを使用、テキストの背景色を変更などを含む様々な新機能が追加されています。

Pages 3.1 の新機能

・テキストを上付きまたは下付きにフォーマット、リガチャを使用、テキストの背景色を変更
・ブックマークを追加して、書類の一部を別の部分と簡単にリンク
・LaTeXまたはMathML表記の洗練された方程式を追加
・パスワード保護された書類をTouch IDですばやく開く
・リッチテキストフォーマット(RTF)書類を読み込み/書き出し
・書類内の見つからないフォントを簡単に置き換え
・円グラフで引き出し線を使ってグラフを分かりやすく
・言語や地域に合わせて、日付、時刻、通貨をカスタマイズ

Pages Pages 3.1
価格: ¥1,200 (記事執筆時)

Numbers 3.1 の新機能

・株に関する最新情報や過去の情報をスプレッドシートに簡単に追加
・新しくなったパワフルな編集環境で、データや数式をすばやく簡単に入力
・新しいアクションメニューを使って、一般的な作業をワンタップで実行
・パスワード保護されたスプレッドシートをTouch IDですばやく開く
・テキストを上付きまたは下付きにフォーマット、リガチャを使用、テキストの背景色を変更
・円グラフで引き出し線を使ってグラフを分かりやすく
・スプレッドシート内の見つからないフォントを簡単に置き換え
・スプレッドシートの共同制作中に、シートをカット、コピー、ペースト、複製
・言語や地域に合わせて、日付、時刻、通貨をカスタマイズ
・表セル内でリッチテキストを編集

Numbers Numbers 3.1
価格: ¥1,200 (記事執筆時)

Keynote 3.1 の新機能

・スライドマスターを変更、スライドの背景をカスタマイズ
・現在のスライド、発表者ノート、タイマーを1つの画面に表示して、プレゼンテーションをリハーサル
・パスワード保護されたプレゼンテーションをTouch IDですばやく開く
・テキストを上付きまたは下付きにフォーマット、リガチャを使用、テキストの背景色を変更
・プレゼンテーション内の見つからないフォントを簡単に置き換え
・円グラフで引き出し線を使ってグラフを分かりやすく
・Keynote 1のプレゼンテーションを読み込み
・Medium、WordPress、その他のWebサイトにインタラクティブなプレゼンテーションを投稿
・言語や地域に合わせて、日付、時刻、通貨をカスタマイズ

Keynote Keynote 3.1
価格: ¥1,200 (記事執筆時)





この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP