JALは国内線で唯一Wi-Fiが一生無料!機内インターネット接続の無料化を発表

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

日本航空(JAL)が、2017年8月31日までの期間限定で実施していた機内インターネット(Wi-Fi)接続の無料化の期間を今後一生に拡大したことを発表しました。

国内線で唯一、機内のインターネット(Wi-Fi)接続が永続的に無料になった日本航空(JAL)では、離陸の約5分後から着陸の5分前まで、時間制限なくインターネットをいつでも「無料」で利用可能。

JALのWi-FiはプロバイダがGogoなのでインターネット接続サービスの利用にはGogoアカウントが必要となっていて、搭乗前にアカウントを作成しておくことで搭乗後にスムーズにWi-Fiを利用することができます。

機内Wi-Fiは、離陸前に機内モードに設定しておき、Wi-Fiの設定から「gogoinflight」に接続後、ブラウザを起動して「接続」ボタンをタップするだけで利用可能となっています。

また、JALの公式アプリからでも機内Wi-Fiに接続することが可能。機内Wi-Fiを利用できるのは、JAL・JTAが国内線機内Wi-Fiサービス対応機材で運航するすべての便となっていますので、JAL・JTAの国内線を利用する方は機内Wi-Fiを使ってみてはいかがでしょうか。

プレスリリース – 日本航空(JAL)
飛行機内での無料Wi-Fiサービス- JAL国内線

JAL JAL 4.4.0
価格: 無料 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク