【響く低音】エンジニアが一つ一つ手作業で組み立てたカナル型イヤホン「Jayfi JA40」レビュー【伸びる高音】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Jayfiから、エンジニアが一つ一つ手作業で組み立てたカナル型イヤホン「Jayfi JA40」を提供していただいたので早速レビューしていきたいと思います。

敢えてハッキリ言いましょう、このイヤホン、この価格帯では最強です。

スポンサーリンク

響く低音、伸びる高音

jayfi-ja40_01

Jayfi JA40」は、高級感溢れるアルミ材質のハウジングで、特別に開発された9mmのドライバーユニットが採用されており、独自のチューニングを経て、低音、高音を強化したイヤホンとなっています。

jayfi-ja40_04

また、本体の組み立てはエンジニアが一つ一つ手作業で組み立て、テスト、チューニングをしているとのこと。

jayfi-ja40_02

付属品は下記の通り。

・Jayfi JA40本体
・イヤーピースS/M/L
・イヤークリップ
・専用ポーチ
・取扱説明書(日本語対応)

付属の取扱説明書には、エージングの説明なども記載されていて、かなり親切な説明書になっています。

jayfi-ja40_03

イヤーピースには医療用のシリコンが使用されており、耳の穴の形に沿ってフィットし、快適な装着感でノイズを遮断し、クリアな音質でステレオサウンドを楽しむことが出来ます。

また、ケーブルはストレートケーブルで、複数本の銅ワイヤがシールド層として使用されており、他の信号の干渉を防止する構造になっており、長さは取り回しやすい1.2mとなっています。

肝心の音質は、高音と低音が強く出ており、中音域は少し篭ってしまっている印象です。
ただし、これは箱出し直後の評価なので、エージングをすれば中音域が出てくるのではないでしょうか。
高音域は、時折刺さる事がありますが、本当に若干刺さる程度なので、この辺りもエージングで解消されると思います。

音の解像度や音場などが値段なりですが、低音や高音が強いので、総じてパンクやロックなどの勢いのあるジャンルと相性が良いです。

どうやら「Jayfi JA40」は、元Beatsのエンジニアが開発に携わっているようで、この価格帯ながらこの音質の良さなのもうなずけます。

カラーラインナップはブラックとレッドの2種類で、操作パネルにはマイクも搭載されているので、イヤホンマイクとして使用することも出来ます。

ハイエンドモデルのイヤホンと比べると劣ってしまいますが、この価格帯のイヤホンでは、個人的には最強なのではないかと思います。

Jayfi JA40」の通常価格は4,500円ですが、現在はセール品として3,100円で販売されていますので、安くて良いイヤホンをお探しの方はこの機会に是非どうぞ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク