[市場最小クラス]トランセンドの「JetDrive Go 500」でiPhoneやiPadの容量不足の悩みを解消![4月末発売]

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

メモリー製品等を販売するTranscend(トランセンド)」からiOSデバイス用に直挿し出来るLightning端子とUSB端子を搭載したフラッシュドライブ「JetDrive Go 500」が4月末より発売します。

スポンサーリンク

容量不足を解消

iPhoneを使用していると、いつの間にやら撮りためてた写真や動画、便利過ぎて手放せないアプリがあって容量不足になった方も少なくないハズ。
そういった時にこの「JetDrive Go 500」が役立つ。

JetDrive™ Go 500-トランセンド|メモリ製品のスペシャリスト 2016-04-15 00-09-40

「JetDrive Go 500」はLightning端子とUSB3.1端子を搭載しており、MFi認証済みでiPhone / iPad / iPodのストレージを安心して拡張する事が出来る。
「JetDrive Go 500」とiOSデバイス間のデータ検索/交換/管理/バックアップに便利な専用アプリのJetDrive Go Appも用意されており、そちらは無料で入手する事が可能。

JetDrive™ Go 500-トランセンド|メモリ製品のスペシャリスト 2016-04-15 00-10-25 1
ケースを装着していても干渉する事なくアクセスできる様にLightningコネクタ部は延長されている。
シルバーとゴールドの2色のカラーバリエーションで、iPhoneの本体色に合わせたい所だ。
コンパクトさもウリでMFi認証のフラッシュドライブでもクラス最小と謳っている。

SuperSpeed USB 3.1 (Gen 1)インターフェースを備えており、転送最大130MB/sの爆速っぷりで4GBのHD動画もわずか28秒で転送することが出来るそうです。なお、Lightning側の転送速度は最大20MB/秒となっている。
Office、iWork、PDF等のファイルフォーマットに幅広く対応。

価格は32GBモデルが7980円(税込)で64GBモデルは10,980円(税込)となっております。
動画や映画に音楽などの容量を消費するファイルも「JetDrive Go 500」があればファイル管理に気を配る事なく楽しめそうです。16GBのiPhoneを使用している方等はこういったフラッシュドライブがあれば、役立つ機会はさらに広がると思いますよ!

JetDrive Go 500

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク