【ポケモンGO】ファミレス「ジョイフル」がポケストップ・ジムとして登場 – 703店舗が「ポケストップ」、79店舗が「ジム」に

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

ジョイフルは、同社が展開するファミリーレストラン「ジョイフル」の全789店舗が、スマホゲーム「ポケモンGO」において、ポケストップやジムとしてゲーム内に登場することを発表しています。

SPONSORED LINK

ファミレス「ジョイフル」がポケモンGOに登場

「ジョイフル」は大分県大分市に本社を置くファミリーレストランで、九州・沖縄地方を中心に全国に789店舗が展開されています。

この全789店舗のうち703店舗が「ポケストップ」として、79店舗が「ジム」として登場するとのこと。これにより東京などの大都市近郊以外のユーザーも「ポケストップ」で「モンスターボール」を集めたり、「ジム」でポケモンバトルを遊びやすくなります。

また予てから「ポケストップ」や「ジム」の地域格差が報じられている「ポケモンGO」は、この格差を減らすため京都府・岩手県・宮城県・福島県・熊本県に「ポケストップ」と「ジム」を増設することを発表しています。

ちなみに、先日から「ポケモンGO」では全国約19,000店のセブンイレブンが「ポケストップ」として登場しており、リリース当時と比べると地方のポケモントレーナーもかなり遊びやすくなったのではないでしょうか。

ただ、それでも都市圏と地方にはまだまだ大きな格差があることも事実なので、Nianticにはこの調子で地方ユーザーも楽しく遊べるように頑張ってもらいたいですね。

「ポケモンGO」をプレイ中のポケモントレーナーの方は、近くにファミレス「ジョイフル」があれば是非一度訪れてみてはいかがでしょうか。「ジム」が少ない地域の場合は近所の「ジョイフル」が激戦区になっている可能性も。

Joyfull×PokémonGO ジョイフルのジム&ポケストップ化大作戦!



[via ケータイWatch]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP