【導入台数は】JR西日本、在来線を含む全乗務員が「iPad」を携帯することを発表!【約8,600台】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

JR西日本が、さらなる安全・安定輸送を実現するために、在来線を含む全乗務員が「iPad」を携帯することを発表しています。

スポンサーリンク

導入台数は約8,600台

JR西日本は、平成27年1月に山陽新幹線の乗務員に、同年3月に北陸新幹線の乗務員に「iPad」を導入しており、導入後、異常時における関係者間の情報共有や訪日外国人の案内などに効果を発揮していることから、在来線においても異常時対応能力の向上、案内の充実を目的として、全乗務員がiPadを携帯するとのことです。

また、通信機能・アプリケーションの活用および乗務員が使用するマニュアルの電子データ化による閲覧性向上により、異常時対応能力を向上させ、安全安定輸送の実現に取り組むとともに、マニュアル・規程類の電子化による軽量化および差し換え作業の軽減、ペーパーレス化を実現するそうです。

さらに、在来線からの新たな取り組みとして異常時に運転用時刻表を検索・表示するシステムを導入し、列車遅延や運転取りやめなどで乗務する列車が変更となった場合に、タブレット端末上に運転用時刻表を表示することで、運転用時刻表の準備に要していた時間の短縮も図っているとのこと。

なお、乗務員が携帯するiPadの種類は、運転士が「iPad Air」、車掌および客室乗務員が「iPad mini」となっており、導入台数は約8,600台で、導入時期は2017年1月以降、順次導入予定となっています。

~さらなる安全・安定輸送を実現するために~在来線を含む全乗務員が「iPad」を携帯します

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク