au、受信最大590Mbps高速データ通信を提供開始 – 東京都、愛知県、大阪府で5月16日から

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

KDDIが、4G LTEとWiMAX 2+のキャリアアグリゲーションを強化し、2017年5月16日より、4G LTEの150MbpsとWiMAX 2+の440Mbpsを組み合わせることで、受信最大590Mbpsの高速データ通信サービスを東京都、愛知県、大阪府の一部エリアから順次提供を開始すると発表しています。

SPONSORED LINK

Wi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」で受信最大590Mbps

KDDIグループで提供するWiMAX 2+では、データの送信側 (基地局) と受信側 (端末) のそれぞれに4本のアンテナを搭載する「4×4 MIMO」と「キャリアアグリゲーション」を組み合わせることで受信時最大440Mbpsの通信速度を実現しているとのこと。

今回発表された受信最大590Mbpsというのは、このWiMAX 2+の最大440Mbpsとau 4G LTEの最大150Mbpsを組み合わせることで実現される高速データ通信となっています。

なお、提供が開始されるのは2017年5月16日からで、同日より配信が開始されるソフトウェアアップデートを適用することで、Wi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W04」が対応する他、今後発売を予定している最新のauスマートフォンの一部モデルでも対応予定。

また、最新のauスマートフォンの一部モデルでは、2つのネットワークの中から通信環境に応じて快適なネットワークへ自動的に接続することで、受信最大590Mbpsの高速データ通信を利用することが出来るようになります。

この受信最大590Mbps高速データ通信サービスは東京都、愛知県、大阪府の一部エリア、最大440MbpsのWiMAX 2+サービスと、au 4G LTEの両方に対応した基地局から順次提供が開始されるそうで、対象エリアの詳細などについては、準備が整い次第auホームページのサービスエリアマップで発表される予定となっています。

ニュースリリース – KDDI

[via ケータイWatch]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP