【NTTドコモは】携帯3社が「2年縛り」の契約方式を是正し更新月を延長【2ヶ月に】

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

産経ニュースによると、携帯電話大手3社が、2年間の契約を条件に大幅割引を行い、途中解約時に約1万円の違約金をとる「2年縛り」の契約方式を是正することが明らかになりました。

スポンサーリンク

KDDIやソフトバンクも追随

NTTドコモは3月から、違約金なしで解約できる「更新月」を現在の1カ月間から2カ月間に延長するそうで、KDDIは5月から、ソフトバンクは3月以降できるだけ早期に実施する方針とのこと。

「2年縛り」は、利用者が契約から24カ月後の1カ月間は無償で他社への乗り換えが出来ますが、その期間を過ぎると自動で契約が更新され、解約する際に違約金を支払わなければならない契約となっています。

「2年縛り」をめぐっては、解約時のトラブルが多く、法廷闘争も起きており、総務省は自動更新の廃止などを求めていますが、携帯3社は契約形態の刷新など抜本的な見直しは先送りにしているとのことです。

[via 気になる、記になる…]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク