【新たな】携帯3社、自動更新を廃止し「2年縛り」を緩和へ【料金プラン】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

日本経済新聞が、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話大手3社は2年ごとの継続利用を前提とするいわゆる「2年縛り」と呼ばれる契約を見直すようだと報じています。

スポンサーリンク

違約金が発生しない新たな料金プランを導入

先日の記事でもお伝えしたとおり、NTTドコモとKDDIは既に「2年縛り」を改善し自動更新を廃止することを明らかにしていますが、ソフトバンクも追随する方針とのこと。

各社ともに最初の2年間の縛りは存続させ、自動更新させない新プランを追加する対策で足並みをそろえると見られており、新プランの月額料金は現行より割高になる可能性があるそうです。

また、「実質0円」を撤廃し「ライトユーザー」向けに割安プランを新設した2月以降は新規契約が激減しているとのことです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク