話題のネタ

「Raspberry Pi」を搭載し実際に動作するレゴで作られた小さな「Macintosh」が登場


どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

これまでにもレゴブロックでMacを再現するという試みは何度も行われてきましたが、今回公開された「Macintosh」は一味も二味も違います。

今回のレゴブロックで作られた「Macintosh」は「Raspberry Pi」を搭載し、実際に動作させることも可能なので、正に過去最高のレゴコンピューター作品だと言えるでしょう。

SPONSORED LINK

ディスプレイに時計やカレンダーなどを表示可能




このレゴブロックで作られた「Macintosh」を公開したのはプログラマーのJannis Hermanns氏で、「Raspberry Pi Zero」や、電子ペーパーディスプレイを搭載したことによって実際に動作させることが可能となっています。


2.7インチしかない小さな電子ペーパーディスプレイには時計やカレンダーなどを表示させることが可能で、「resin.io」というウェブサービスを利用することで、ソフトウェアをWi-Fi経由でアップデートすることも出来るようになっています。


中にはギッシリと配線が敷き詰められていて、外観は「Macintosh」が完全に再現されているので、少し離れて見ればレゴブロックだとは気づかないほどの出来栄え。


さずがOSは「macOS」ではないものの、代わりに「Docker」というソフトウェアがインストールされているそうで、この「Docker」によってディスプレイに時計などの文字や画像を表示することが出来るとのこと。

なお、Jannis Hermanns氏のブログには、このレゴブロックで作られた「Macintosh」の制作過程や、作るのに必要なレゴブロックや部材などが紹介されているので気になる方は是非見に行ってみてはいかがでしょうか。

カレンダーや時計として机に飾ると可愛いので、見れば見るほど欲しくなってくるレゴ「Macintosh」ですが、自分で作るには中々難しそうなので出来れば販売して欲しいですね。


[via The Verge]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SPONSORED LINK(PC)

SPONSORED LINK

楽天ウィジェット(PC)

-話題のネタ
-,