LINE、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を発表! – スマートスピーカー「WAVE」も2017年初夏に発売へ

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

LINEが、ペインのバルセロナにて開催されている世界最大のモバイルカンファレンス「Mobile World Congress 2017」のキーノートにおいて、LINEの新たな戦略としてクラウドAIプラットフォーム「Clova(クローバ)」を発表しています。

スポンサーリンク

アプリやスマートスピーカーも2017年初夏にリリース

クラウドAIプラットフォーム「Clova」は、LINEとNAVERの共同開発プロジェクトとして研究開発が進められており、この「Clova」を搭載した製品として、アプリ「Clova App」と、初の自社デバイスとなるスマートスピーカー「WAVE(ウェーブ)」の発売が2017年初夏に日本と韓国で予定されているとのこと。

「Clova App」や「WAVE」では、話かけると音声で会話をしたり、ニュース、天気・占い情報、コマース、カレンダー、翻訳などのコンテンツ・サービスや、音声で家の電気のオンオフなどを行うホームコントール、音声専用コンテンツとして読み聞かせなどができるオーディオブックなどが利用できるそうで、今後はLINEが事業を展開する他アジアの国や地域に提供範囲を拡大していく予定となっているそうです。

「Clova」の中核は、「Clova Interface」と「Clova Brain」の2つで構成されており、人間の五感にあたるのが「Clova Interface」で、その中の耳と口にあたるのが「Clova Voice」。「Clova Voice」は、音声認識である音声合成などを行い、五感の目にあたる「Clova Vision」では、画像認識や顔認識などを行うそうです。

現状は、この2つのみでの運用となりますが、今後はさらに、その他の五感にも対応するそうです。

また、参考公開として、スマートディスプレイ「FACE(フェース)」も発表されており、この「FACE」は2017年冬にリリースを予定しているそうです。

さらに、パートナーシップとして、ソニーモバイルコミュニケーションズ株式会社、株式会社タカラトミー、バーチャルホームロボット「Gatebox」を展開している株式会社ウィンクルなどの企業と様々な領域でパートナーシップを推進していくことも併せて発表されており、株式会社ウィンクルに関しては、資本業務提携による連結子会社化をすることも発表されています。

なお、クラウドAIプラットフォーム「Cloba」の公式サイトでは動画や詳しい情報なども公開されていますので、興味のある方は是非一度チェックしてみてください。

LINE、クラウドAIプラットフォーム「Clova」を発表
Clova

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク