【Apple】将来的にMacが「USB 3.1 Gen 2」をサポートすることを示唆する記述が「macOS Sierra Beta」のコード内に見つかる!?【リーク情報】

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

9to5Macによると、開発者向けにリリースされている「macOS Sierra Beta」のコード内に、将来的にMacが「USB 3.1 Gen 2」をサポートすることを示唆する記述が見つかったことが分かりました。

スポンサーリンク

「OS X El Capitan」にはない記述

macos-sierra-usb-3-1-gen-2-text-string-mac-hardware2

「macOS Sierra Beta」のコード内には「USB 3.1 Gen 2」を表す「super_speed_plus」や「Up to 10 Gb/sec」という記述が見つかったそうで、この記述は「OS X El Capitan」にはなかったとのこと。

現行のMacに搭載されている「USB 3.1 Gen 1」では、最大転送速度が5Mbpsとなっていますが、今回記述が見つかった「USB 3.1 Gen 2」では、最大転送速度が10Mbpsまで高速化されています。

なお、この記述が「macOS Sierra Beta」のコード内に見つかったことから「macOS Sierra」の正式リリース後、将来的に発売されるMacで「USB 3.1 Gen 2」がサポートされるものと思われます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク