iFixit、新型「13インチ MacBook Pro」の「Touch Bar」搭載モデルの分解レポートを公開!

2016年11月19日

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Apple製品を分解し、そのレポートを公開することで有名なiFixitが、新型「13インチ MacBook Pro」の「Touch Bar」搭載モデルの分解レポートを公開しています。

スポンサーリンク

SSDは取り外しが不可能

macboocpro13-touchbar-bunkai_01

新型「MacBook Pro 13インチ」の「Touch Bar」搭載モデルのSSDは、「Touch Bar」非搭載モデルと同じくSanDisk製ですが、ロジックボードに半田付けされており、取り外すことが不可能となっています。

macboocpro13-touchbar-bunkai_02

また、搭載されている8GB(4x2GB)のRAMはSamsung製で、こちらもロジックボードに半田付けされているので、ユーザーが交換することは不可能になっています。

なお、分解のし易さを表すリペアスコアは、バッテリーが接着されていること、プロセッサ、RAM、SSDがロジックボードに半田付けされてされていること、「Touch Bar」のディスプレイの交換が難しいこと、「Touch ID」のセンサーが電源スイッチに組み込まれT1チップとペアになっており、電源スイッチが壊れた場合はロジックボードごと交換する必要があることなどから、10点満点中最低の1点となっています。

MacBook Pro 13″ Touch Bar Teardown – iFixit


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク