iFixit、新型「15インチ MacBook Pro」の「Touch Bar」搭載モデルの分解レポートを公開!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨日の記事で、新型「13インチ MacBook Pro」の「Touch Bar」搭載モデルの分解レポートが公開されたことをお伝えしましたが、iFixitは、それに引き続き、新型「15インチ MacBook Pro」の「Touch Bar」搭載モデルの分解レポートを公開しています。

スポンサーリンク

リペアスコアは10点満点中最低の1点

macbookpro15-2016-bunkai_01

新型「15インチ MacBook Pro」の「Touch Bar」搭載モデルは、冷却ファンが2個に増えているなどの細かな違いはあるものの、13インチモデルのスケールアップ版のようになっており、基本構造は同じでSSDもロジックボードに半田付けされています。

macbookpro15-2016-bunkai_03

また、13インチモデルと同じように何に使われているのか分からない謎のポートも発見されており、このポートは取り外せないSSDのデータ復旧を可能にするためのポートかもしれないと推測されています。

macbookpro15-2016-bunkai_02

新型「15インチ MacBook Pro」の「Touch Bar」搭載モデルに搭載されているフラッシュストレージはSamsung製、RAMはMicron製のものが搭載されており、グラフィックチップは「AMD 1643 Radeon 450」となっています。

なお、分解のし易さを表すリペアスコアは、対応ツールの少ないペンタローブネジが採用されていることバッテリーが接着されていること、プロセッサ、RAM、SSDがロジックボードに半田付けされてされていること、「Touch Bar」のディスプレイの交換が難しいこと、「Touch ID」のセンサーが電源スイッチに組み込まれT1チップとペアになっており、電源スイッチが壊れた場合はロジックボードごと交換する必要があることなどから、10点満点中最低の1点となっています。

MacBook Pro 15″ Touch Bar Teardown – iFixit



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク