Mac

2017年後半に発売される次期「MacBook Pro」では32GBのRAMが搭載可能に!?


どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

MacRumors9to5Macが、KGI SecuritiesのアナリストであるMing-Chi Kuo氏によると、Appleは、2017年後半にIntelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」を搭載した「MacBook」シリーズを発売するようだと報じています。

SPONSORED LINK



Intelの第7世代Coreプロセッサ「Kaby Lake」を最初に搭載するのは12インチの「MacBook」になるそうで、現行モデルでは8GBまでしか選択できないRAMが、次期12インチ「MacBook」では16GBまで選択可能になるとのこと。

その後、2017年第3四半期(7~9月)から生産が開始される次期「MacBook Pro」にも「Kaby Lake」が搭載され、15インチモデルではハイエンドユーザーを満足させるために、32GBのRAMがオプションで搭載できるようになるとのことです。

なお、「MacBook Pro (Late 2016)」のRAMが16GBまでなのは、ノートブックに16GB以上のRAMを搭載すると多くの電力を消費してしまい、効率的なバッテリー持続時間を得ることが出来ないからだと、Appleワールドワイドプロダクトマーケティング担当シニアヴァイスプレジデントのPhil Schiller氏が回答していましたが、Intelの第7世代のプロセッサ「Kaby Lake」を搭載することで「LPDDR 4」メモリが搭載可能になることからRAMが32GBまで搭載できるようになるとみられています。

また、Appleはメジャーアップデート後の端末の価格を高めに設定し、マイナーアップデート後に値下げする傾向があるので、2017年に発売される「MacBook Pro」は値下げが実施される可能性があるともみられています。



この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SPONSORED LINK(PC)

SPONSORED LINK

楽天ウィジェット(PC)

-Mac
-, , ,