【Apple】超薄型化された「MacBook」シリーズには新しいヒンジを採用か!?【噂話】

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

DIGITIMESが、Appleは2016年後半に新しい超薄型の「MacBook」を発売する計画で、現在サプライヤーの選定を進めており、台湾の部品メーカーは関連部品の受注のため競争が激化していると報じています。

スポンサーリンク

新しいヒンジを採用

新しい超薄型の「MacBook」には金属粉末射出成型法(MIM)で造られた新しいヒンジが採用されるとのことで、Microsoftの「Surface Pro」のヒンジを製造している米国のAmphenol社がそのヒンジを供給することになり、既存のパートナーであるShin Zu Shing(SZS)やJarllytecからその座を奪うことになるとしています。

また、台湾のSimplo Technology、Dynapack International Technologyは、中国のDesay、Sunwoda Electronicsとバッテリーパックの受注を奪い合っているとのこと。

なお、これまでには、新しい超薄型の「MacBook」は13インチと15インチが用意され、12インチの「MacBook」と似たデザインになるものの、現行の「MacBook Air」よりも薄型化されると言われており、一部では新型の「MacBook Air」ではないかとも言われています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク