「MacBook Pro (2016)」で発生しているタイピング音が大きくなる問題は修理対応が可能

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨年秋にAppleが発売した「MacBook Pro (2016)」には第2世代のバタフライ構造のキーボードが採用されているのですが、本体の熱によってキーボードのキートップが変形し、タイピング音が大きくなる問題が発生

しかし、問題が発生した場合でも修理対応が可能とのことなので、症状が出ている方は確認してみてください。

SPONSORED LINK

キーボード全体ではなくキートップ単体での交換が可能

Macお宝鑑定団Blogによると、本体の熱によってキーボードのキートップが変形する問題は「MacBook Pro (2016)」の13インチモデルと15インチモデルの両方で発生しているようで、キーボードのキートップが変形することによって、キーボードを叩いたときの打鍵音が通常よりも大きくなってしまうとのこと。

しかし、旧型の「MacBook Pro」がキーボードに不具合が発生した場合キーボード全体を交換する必要があったのに対し、「MacBook Pro (2016)」の場合はキートップを単体で交換することが可能。これにより問題が発生したキートップのみ修理することが出来ます。

以前から「MacBook Pro (2016)」のキーボードに関する不具合はいくつか報告されていますが、今回の問題はAppleによる修理対応が可能ということなので、キーボードに違和感を感じている方はApple StoreやAppleの正規サービスプロバイダに問い合わせてみるといいかもしれません。

なお、Appleは昨日iOS向けの公式サポートアプリ「Apple サポート」をアップデート。Apple StoreだけでなくApple正規サービスプロバイダでの修理予約が出来るようにもなったので、アプリから相談してみるのもいいかもしれませんね。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク