Mac

2017年発売の「MacBook Pro」は32GBのRAM搭載が可能になり値下げされる!?


どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

9to5Macが、KGI SecuritiesのアナリストであるKing-Chi Kuo氏によると、Appleが2017年に発売する「MacBook Pro」では32GBのRAMがサポートされ、価格も値下げが実施されるようだと報じています。

SPONSORED LINK

IntelのCPUが間に合えば32GBをサポート



Appleはメジャーアップデート後の端末の価格を高めに設定し、マイナーアップデート後に値下げする傾向があるので、2017年に発売される「MacBook Pro」も値下げされる可能性があるとのこと。

また、先日の記事で、新型「MacBook Pro」のRAMが最大16GBである理由はバッテリー駆動時間が原因であることをお伝えしましたが、Intelの新型CPU「Cannon Lake」が間に合い、2017年の「MacBook Pro」搭載されれば、より高速で消費電力に優れた「LPDDR4」メモリを採用できることから32GBのRAMを搭載することも可能になるそうです。

ただし、Intelの「Cannon Lake」の生産が遅れた場合は、2017年の「MacBook Pro」には「Coffee Lake」が搭載されることとなり、現行モデルと同じ「LPDDR3」メモリが採用されることから最大RAM容量は16GBのままになるとしています。

先日「MacBook Pro (Late 2016)」シリーズが発売されたばかりで、ユーザーの手元にも届いていないのに既に次期「MacBook Pro」の話題ですが、値段の面から「MacBook Pro (Late 2016)」シリーズの購入を迷っている方は、来年の「MacBook Pro」の発売を待つのも一つの手かもしれません。

なお、これらの情報はあくまでも予測であるので、2017年に「MacBook Pro」が発表される確証はありませんし、仮に発表されたとしても今回の情報通りのスペックになるとは限らないのでご注意ください。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

SPONSORED LINK(PC)

SPONSORED LINK

楽天ウィジェット(PC)

-Mac
-,