次期「MacBook Pro」はシャープのIGZO液晶を採用し2017年に発売か!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

DIGITIMESが、次期「MacBook Pro」にはシャープのIGZO液晶が採用され、2017年に発売されるようで、シャープはAppleに対し、2017年中頃までにIGZO液晶の提供を開始するようだと報じています。

Appleは、2017年の第1四半期末まで「MacBook Pro」向けのa-Si(アモルファスシリコン)TFT-LCDパネルを調達した後、IGZO TFT-LCDパネルへシフトする可能性があるそうで、Samsung Displayに加え、シャープも2017年中頃までにIGZO液晶の提供を開始するとのこと。

また、2017年の「MacBook Pro」用の液晶パネルの調達数は2016年の880万台より増加し、970万台にも及ぶとみられています。

IGZO液晶は、シャープが世界で初めて量産化に成功した、人の手によって創り出された透明な酸化物半導体で、In(インジウム)、Ga(ガリウム)、Zn(亜鉛)、O(酸素)を結晶化し、新たな原子配列の結晶構造を実現したディスプレイ。

IGZOは常に安定した状態で性能を発揮することができるので、液晶パネルなどに広く応用されている非晶質半導体のアモルファスシリコンに比べ、20〜50倍で電流を流すことができ、同じ透過率であれば約2倍の高精細化を実現しただけでなく、電流がOFFの状態でも一定期間データの書き換えをせずに画像を保持できるため、ディスプレイ消費電力を5分の1から10分の1に減らすことができるそうです。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク