新型「MacBook Pro (2018)」のコンセプト動画が公開 – 物理キーボードが廃止されてiPad Proのようなデザインに

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨年発売された「MacBook Pro (2016)」ではファンクションキーが廃止された代わりに「Touch Bar」と呼ばれるタッチスクリーンが搭載されましたが、2018年に発売される「MacBook Pro (2018)」では物理キーボード自体が廃止されるかもしれません。

スポンサーリンク

キーボードやトラックパッドがタッチスクリーンに

は物理キーボード自体が廃止された「MacBook Pro (2018)」のコンセプトデザインを公開したのは、Yanko DesignのデザイナーであるDaniel Brunsteiner氏。

物理キーボードがあった場所には「iPad Pro」のようなタッチスクリーンが搭載。キーボードやトラックパッドが全てデジタル化されています。

また、この「MacBook Pro (2018)」では「iPhone 7」のホームボタンなどにも採用されている「Taptic Engine」をタッチスクリーン下に埋め込むことによって、打鍵感やトラックパッドを押したときの感覚が再現されているとのこと。

さらに、キーボートやトラックパッドが全てタッチスクリーンに置き換わったことによって、使用する状況に応じてそれぞれの大きさを変更可能。これにより2017年にも発表されると噂されている「Apple Pencil 2」を使ってペンタブレットのような使い方も出来るように。

普段は小さくなっているペンタブの入力エリアは2本指でピンチアウトすることで、使用シーンに合わせて大きくすることが可能。文字や図形、絵を描く時だけ大きくすればいいので普段は邪魔にならず、たまにしか絵を描かないユーザーでもペンタブの置き場所に困らないのも特徴です。

このコンセプトデザインを公開したDaniel Brunsteiner氏は、「MacBook Pro (2016)」の「Touch Bar」から発想を得て今回のコンセプトを思いついたそうで、流石にこのデザインのままの製品がリリースされることはないと思いますが、キーボード全体がタッチスクリーンになれば絵を描くユーザーなどは嬉しいのではないでしょうか。

ただ、今年2月の定時株主総会で、AppleのCEOであるTim Cook氏が「MacとiPadは使う目的が違うので、これらを融合させた製品を出す予定はない。」とコメント。残念ながらこういったデザインの製品がリリースされる可能性は低いと思われます。

しかし、Appleは過去に「iPhone」をはめ込んで動かす「MacBook」のような端末の特許を申請しているので、可能性が全く無いと言い切れないのも事実。もしかすると将来の「MacBook Pro」は物理キーボードが廃止され、大きなタッチスクリーンが搭載されるのかもしれませんね。

[via University Herald]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク