「MacBook Pro (Retina, Late 2016) 」のエントリーモデルの詳細なベンチマークスコアが公開!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先程の記事で「MacBook Pro (Retina, Late 2016) 」のエントリーモデルである「Touch Bar」非搭載モデルのベンチマークスコアが公開されたことをお伝えしましたが、Macお宝鑑定団Blogは、より詳細なベンチマークスコアを公開しています。

スポンサーリンク

GPU性能やストレージ性能も判明

ベンチマークスコアの計測に使われたのは「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Late 2016)/Core i5 2.0GHz」で、Geekbenchのベンチマークスコアによると、CPU性能は「MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)」と比べて約1.35倍、旧モデルの「MacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015)」と比べるとほぼ同等の性能という結果が出ています。

ただし、処理性能に関しては大きな差がありませんが、動作周波数は2.70GHzから2.00GHzに抑えられているので、省電力性能は大きく進化していることになります。

macbookpro-score

さらに、Xbenchを使ったGPU性能のベンチマークスコアや、Blackmagic Designのディスクベンチマークスコアも公開されており、搭載されているSSDは「MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)」のSSDよりも速く、書き込みが1323.3MB/s(約1.95倍)、読み込みが2286.0MB/s(約2.7倍)となっています

今のところエントリーモデルである「Touch Bar」非搭載モデルのベンチマークスコアしか公開されていませんが、スコアを見る限り順調に進化を遂げているので、今後公開されるであろう「Touch Bar」搭載モデルのベンチマークスコアが楽しみです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク