「MacBook Pro (Late 2016)」の「Touch Bar」搭載モデルのSSDからデータを救出するための特別なツールが存在!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

新型「MacBook Pro」の「Touch Bar」搭載モデルでは、SSDがロジックボードに半田付けされていて交換できないことが明らかになりましたが、9to5Macは、Appleの修復プロセスに詳しい情報筋によると、Appleは同モデルのSSDからデータを救出するための特別なツールを用意していると報じています。

スポンサーリンク

データの救出は確実ではない模様

iFixitが公開した「MacBook Pro (Late 2016)」の分解レポートでは、SSDのデータ復旧を可能にするためとみられる謎のポートが見つかっていますが、このツールはそのポートを使うのではなく、USB-C経由でデータを救出することが出来るそうです。

また、この特別なツールを使えば、ロジックボードに障害が発生した場合でもデータにアクセスすることが出来るようで、データの救出は確実ではないものの、緊急時のデータ復旧手段の1つとして提供されるそうで、1年間のハードウェア保証やApple Careの対象サービスとしてApple Storeや正規サービスプロバイダで提供されるとのこと。

なお、「Touch ID」のセンサーは電源スイッチに組み込まれT1チップとペアになっており、ロジックボードと紐づけされているので、どちらか片方だけが壊れた場合でも、ロジックボードと「Touch ID」の両方を交換する必要があるとしています。




この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク