「MacBook Pro (Late 2016)」でTime Machineでのバックアップ作成時にクラッシュする問題は「macOS Sierra 10.12.2」で修正か!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

MacRumorsが、一部のユーザーが報告している「MacBook Pro (Late 2016)」でTime Machineでのバックアップ作成時にクラッシュする問題は「macOS Sierra 10.12.2」で修正されるようだと報じています。

SPONSORED LINK

「macOS Sierra 10.12.2」で不具合が修正

この問題は「MacBook Pro (Late 2016)」で新たに採用されたThunderbolt 3(USB-C)ポートに外付けHDDを接続し、Time Machineでバックアップを作成すると端末がクラッシュするというもので、次期ソフトウェアアップデート「macOS Sierra 10.12.2」ではこの問題が修正されているとのこと。

実際にクラッシュする問題が発生していたユーザーが「macOS Sierra 10.12.2」のベータ版のインストール後には、正常にバックアップを作成できることを確認しているようです。

また、昨日には「MacBook Pro (Late 2016)」の複数モデルで発生しているGPUに関する様々な不具合も「macOS Sierra 10.12.2」で解決すると報じられており、次期ソフトウェアアップデート「macOS Sierra 10.12.2」では、現状発生している様々な問題が修正されるものと思われます。

なお、正式リリースの次期などは明らかにされていませんが、すでに「macOS Sierra 10.12.2」のベータ版は「macOS Sierra 10.12.2 beta 5」がリリースされている状況なので、もう間もなく正式にリリースされるものと思われます。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク