「MacBook Pro (2016)」でキーボードに関する不具合が発生!? – タイプ音が高くなったり一部のキーが機能しないなど

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

MacRumorsによると、一部の「MacBook Pro (2016)」ユーザーが、キーボードに関する不具合を報告していることが明らかになりました。

スポンサーリンク

第2世代のバタフライキーボードが問題か

一部のユーザーから報告されているキーボードの不具合は、一部のキーが正常に機能しなくなったり、キータイプ音のピッチがずれたり、タイピング時の感触がおかしくなるなどで、下記の動画は不具合を報告しているmonstermac77氏が、キータイプ音のピッチが通常よりも高くなった症状を撮影した映像になります。

動画を確認するとキータイプ音が明らかに高くなっており、不具合の多くはTouch Barを搭載した15インチ「MacBook Pro (2016)」ユーザーから報告されているそうですが、Touch Barを搭載した13インチモデルや、Touch Bar非搭載モデルのユーザーからも報告されているとのこと。

多くのモデルのユーザーが同じ不具合を報告していることから、全てのモデルに共通して搭載されている第2世代のバタフライキーボードに問題があるものとみられており、Mac内の温度が原因かとも考えられていましたが、温度上昇は不具合を活性化するだけで、Mac内の温度が低くても不具合は発生したそうです。

なお、Appleは同問題を報告するユーザーに対し、修理や交換などで対応しているとのことなので、もしも問題が発生してしまった場合にはAppleサポートやApple Store、またはAppleの正規サービスプロバイダに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク