「MacBook Pro (Late 2016)」の複数モデルでGPUに関する様々な不具合が報告!?

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

9to5Macによると、先日発売された「MacBook Pro (Late 2016)」の複数モデルで、ディスプレイが乱れるなどのGPUに関する様々な不具合が報告されていることが明らかになりました。

スポンサーリンク

最終的にはシステムがクラッシュする可能性も

「Adobe Media Encoder」や「Adobe Premiere」を使用した際や、Appleの「写真」アプリを使用した際にディスプレイのグラフィックスが乱れたり、画面が真っ暗になったりするなどのGPUに関する問題が報告されています。

また、これらの不具合は「MacBook Pro (Late 2016)」の複数のモデルで報告されており、アンケート調査によると、不具合が一番多く報告されているのが15インチの「Radeon Pro 460」を搭載したモデルで、13インチの「Touch Bar」非搭載モデルなどでも同様の不具合が報告されています。

macbookpro-bug_01

なお、システム環境設定にある省エネルギー設定内の「グラフィックスの自動切り替え」のチェックを外すことで、不具合が発生しなくなったとも報告されていますが、13インチモデルにはこの設定項目がないので、Appleの対応を待つしかありません。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク