【Apple】「macOS Sierra」のコード内に「A10 Fusion」プロセッサに関する記述が見つかる!?【リーク情報】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

iDownloadBlogが、オランダのTechTastic.nlによると「macOS Sierra」のカーネルソースコード内に「A10 Fusion」プロセッサに関する記述が見つかったと報じています。

スポンサーリンク

「Mac」にもARMプロセッサを搭載か

macos-sierra-a10

「macOS Sierra」のカーネルソースコード内には「ARM Hurricane」という記述があるそうですが、これはARMが公開している資料には記載されておらず、Appleの「A10 Fusion」のコードネームの可能性が高いとのこと。

なお、Appleは「A7」以降の「A」シリーズプロセッサにコードネームを付けており、「A7」は「Cyclone」、「A8」は「Typhoon」、「A9」は「Twister」となっていて、今回の「A10 Fusion」は「Hurricane」だと見られています。

また、過去にもARMベースの「Mac」の噂が出ては消えていますが、Appleは将来的には「Mac」にもARMプロセッサを搭載することを計画しているのかもしれません。

[via 気になる、記になる…]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク