「macOS Sierra 10.12.3」ではディスプレイの輝度もバッテリー消費の監視対象に追加!

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

「macOS」には、バッテリー消費の著しいアプリを表示してくれる機能がありますが、MacRumors9to5Macによると、現在ベータ版が開発者向けに配布中の「macOS Sierra 10.12.3 beta 4」では、ディスプレイの輝度もバッテリー消費の監視対象に追加されていることが明らかになりました。

スポンサーリンク

新たな項目「Display Brightness」

「macOS Sierra 10.12.3 beta 4」では、ディスプレイの輝度が75%以上、またはディスプレイ輝度のインジケーターが13目盛り以上になった場合に、バッテリーメニューの”バッテリー消費の著しいアプリ”に新たな項目として「Display Brightness」が表示されるとのこと。

また、この”バッテリー消費の著しいアプリ”に表示された「Display Brightness」という項目をクリックすることで、自動的にディスプレイの輝度を75%に下げてくれるそうで、この機能は内蔵ディスプレイの「輝度を自動調整」を有効にしている場合でも表示されるそうです、

なお、現在「macOS Sierra 10.12.3」は、ベータ版の「macOS Sierra 10.12.3 beta 4」が配布されている状態なので、正式版ではこの機能がどうなるかは不明ですが、Appleは「macOS Sierra 10.12.2」でメニューバーのバッテリーの残り時間表示を廃止しているので、新たな省電力機能として今回の機能が追加される可能性は高そうです。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク