Apple、次期macOS「macOS High Sierra」を正式に発表

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは現地時間6月5日午前10時(日本時間6月6日午前2時)から「WWDC 2017」の基調講演を開催し、その中で「macOS」の次期バージョン「macOS High Sierra」を正式に発表しました。

・「写真」や「メール」アプリに新機能が追加
・「Safari」にオート再生ブロック機能などが追加され高速化
・履歴を追尾させない、残さない機能も搭載してプライバシーを配慮
・ファイルシステムがAPFS(Apple File System)に変更
・Steam VRなどをサポートした「Metal for VR」が導入
・新しいグラフィックスAPI「Metal 2」をサポート
・Thunderbolt 3(USB-C)対応のGPUエンクロージャー「Metal Developer Kit」を提供
・ベータ版は本日、パブリックベータ版は2017年6月、一般ユーザー向けの正式リリースは2017年秋を予定

なお、「macOS High Sierra」でサポートするMacは「macOS Sierra」から変わらず以下の通り。

・MacBook:Late 2009以降のモデル
・MacBook Air:2010以降のモデル
・MacBook Pro:2010以降のモデル
・iMac:Late 2009以降のモデル
・Mac mini:2010以降のモデル
・Mac Pro:2010以降のモデル

macOS High Sierra – Apple

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク