「macOS Sierra 10.12.4」で一部のUSBヘッドセットが使えなくなる不具合が発生中

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Appleは2017年3月28日に「Night Shift」を搭載するなどした「macOS Sierra 10.12.4」を正式にリリースしましたが、Appleのサポートコミュニティに「macOS Sierra 10.12.4」へのアップデート後に一部のUSBヘッドセットが使えなくなる不具合が報告されています。

SPONSORED LINK

オーディオドライバに問題が発生か

AppleInsiderによると、一部のユーザーが「macOS Sierra 10.12.4」へのアップデート後に一部のUSBヘッドセットを使うと音が出なかったり、音が歪んだりする不具合を報告しているそうです。

不具合が報告されているのは全てのUSBヘッドセットではなく一部の製品のみで、特定のMacやUSBヘッドセットで発生しているというわけではないものの、Appleのサポートコミュニティではすでに約60人ものユーザーが同様の不具合を報告しており、今のところ解決策は見つかっていないとのこと。

なお、同じUSB機器でもマウスやキーボードには不具合が発生しておらず、USBポートを変えて挿し直してみたり、「macOS Sierra 10.12.4」をクリーンインストールし直したりしても不具合は解消されなかったと報告されています。

このことから、Appleのサポートコミュニティでは「macOS Sierra 10.12.4」のオーディオドライバに問題があるのではないかとも推測されていて、その場合はAppleが「macOS Sierra」をアップデートする必要があるので、仕事などでUSBヘッドセットを使う必要がある場合は「macOS Sierra 10.12.4」へのアップデートを控えた方がいいかもしれません。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP