新型「Mac Pro」の最新コンセプト動画が公開 – 換装が簡単にできるモジュラーシステムが搭載

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先日、Appleが一部のジャーナリストをAppleのキャンパスに招待して発表し、2018年〜2019年初旬まで発売されると噂されている新型「Mac Pro」ですが、ドイツのメディアCURVEDが最新のコンセプト動画を公開しています。

スポンサーリンク

パーツの換装が簡単にできるモジュラーシステムが搭載

今回公開されたコンセプト動画では、CPUやGPUなどが簡単に換装できるモジュラーシステムが特徴となっていて、これまでの「高性能ゴミ箱」と称された円柱形のデザインが廃止されています。

デザインは昔の「Mac Pro」に似ていますが、本体側面がドアになっていて左右にズラすように開けるとCPU、GPU、HDD、SSD、メモリなどを簡単に換装することが出来るようになっています。

また、このモジュラーシステムが搭載されることによって、HDDやSSDなどの増設も楽にできるようになるので、正にプロ向けのMacといったところでしょうか。

本体背面にはUSB-Cポート×3、USB-Aポート×4、Thunderboltポート×4、Ethernetポート×1、HDMIポート×2が搭載されていて、前面にはTouch IDやTouch Barの他に、USB-CポートやSDカードスロットも搭載されています。

さらに、この動画には新型「Mac Pro」とともに開発していると明かされた”プロ向け”の新型ディスプレイのコンセプトイメージも含まれています。

“プロ向け”の新型ディスプレイはベゼルレスになっていて、背面にはUSB-Cポートが4つとHDMIポートが2つ搭載されています。

なお、これらの製品の発売日は「2017年内ではない」とだけ発表されていますが、一部の報道では2019年初旬まで発売されることはないと言われていることからまだデザインが定まっていないとみられており、今回のコンセプトのようなデザインになるかは分かりませんがAppleには今度こそユーザーを落胆させないような端末を創り出して欲しいですね。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク