「Microsoft Translator」と「Skype 翻訳」でAIを活用した日本語の音声リアルタイム翻訳機能が利用可能に

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Microsoftが、「Microsoft Translator」と「Skype 翻訳」などのMicrosoft Translatorを活用した全てのアプリとサービスで、AIを活用した日本語の音声リアルタイム翻訳機能が利用可能になったことを発表しています。

SPONSORED LINK

10番目のサポート言語として「日本語」が追加

10番目のサポート言語として「日本語」が追加されたことによって、日本語を話す人々は、既にサポートされている 9 言語(アラビア語、中国語(マンダリン)、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、ポルトガル語、スペイン語、ロシア語)を話す人々と、音声リアルタイム翻訳機能を使うことでリアルタイムに対話ができるようになります。

また、ユーザー、開発者、企業に対して以下の機能が提供されます。

ユーザー、開発者、企業向けの新機能

・Microsoft Translator アプリ(Windows、Android、iOS 版)の Microsoft Translator ライブ機能 を活用して、自分のデバイスやブラウザ上(http://translate.it) で、対面型のリアルタイムの翻訳が可能になります。

・Skype for Windows と Skype Preview for Windows 10 で提供される Skype 翻訳(Skype Translator) の機能により、他の Skype ユーザーや電話 (SkypeOut の購入が必要)を通して、自分の言語と他言語をリアルタイムに翻訳した通話を行なうことができます。

・開発者は、Azure で提供される Cognitive Services API ファミリーである Microsoft Translator API を自身のアプリやサービスに統合できます。

・新たにリリースされた Microsoft Translator PowerPoint アドイン (プレビュー版) により、PowerPoint から Translator のライブ機能を直接使用することで、リアルタイムでプレゼンテーションに字幕を付けることができます。

なお、マイクロソフトは数年前からAIによる日本語の音声認識と機械翻訳への投資を行っており、音声リアルタイム翻訳機能を使うことで海外の方とも簡単にコミュニケーションを取ることができるようになるので、この分野の技術が進歩していけば近い将来には話せる言語が母国語のみでも海外旅行で困ることがなくなるかもしれませんね。

Microsoft Translator と Skype 翻訳(Skype Translator)において、AI を活用した日本語の音声リアルタイム翻訳機能が利用可能に – The Official Microsoft Japan Blog

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP