海外版とは一味違う!「ミニスーパーファミコン」が日本でも10月5日に発売決定

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

先程の記事で「ミニスーパーファミコン」こと「SNES Classic Edition」がアメリカとヨーロッパ向けに発売されることをお伝えしましたが、日本の任天堂も正式に「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」を日本でも2017年10月5日に発売することを発表しました。

スポンサーリンク

日本での発売日は2017年10月5日、価格は7,980円(税別)

「ミニスーパーファミコン」の正式名称は「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」で、海外向けに発売される「SNES Classic Edition」と同じく収録タイトルは21種類。もちろん、未発売の幻のソフト「スターフォックス2」も収録されています。

日本版の「ミニスーパーファミコン」に収録されているのは以下の21タイトルで、海外版の「SNES Classic Edition」とは少し内容が異なっています


・スーパーマリオワールド(任天堂) 1990/11/21発売
・F-ZERO(任天堂) 1990/11/21発売
・超魔界村(カプコン) 1991/10/4発売
・ゼルダの伝説 神々のトライフォース(任天堂) 1991/11/21発売
・スーパーフォーメーションサッカー(ヒューマン) 1991/12/13発売
・魂斗羅スピリッツ(KONAMI) 1992/2/28発売
・スーパーマリオカート(任天堂) 1992/8/27発売
・スターフォックス(任天堂) 1993/2/21発売
・聖剣伝説2(スクウェア) 1993/8/6発売
・ロックマンX(カプコン) 1993/12/17発売
・ファイアーエムブレム 紋章の謎(任天堂) 1994/1/21発売
・スーパーメトロイド(任天堂) 1994/3/19発売
・スーパーストリートファイターII(カプコン) 1994/6/25発売
・スーパードンキーコング(任天堂) 1994/11/26発売
・スーパーマリオ ヨッシーアイランド(任天堂) 1995/8/5発売
・パネルでポン(任天堂) 1995/10/27発売
・星のカービィ スーパーデラックス(任天堂) 1996/3/21発売
・スターフォックス2(任天堂) 未発売
・がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻(KONAMI) 1991/7/19発売
・ファイナルファンタジーVI(スクウェア) 1994/4/2発売
・スーパーマリオRPG(任天堂) 1996/3/9発売

もう収録タイトルのラインナップが完璧過ぎる!海外版には収録されていない「スーパーフォーメーションサッカー」「ファイアーエムブレム 紋章の謎」「がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻」「パネルでポン」などの名作も収録されているのでこれは買うしかないですね。

さらに、ミニファミコンでは本体とともにコントローラーも小型化され、そのせいでかなり操作性が悪くなっていましたが、今回の「ミニスーパーファミコン」ではコントローラーが当時のスーファミと同じサイズのまま。ネジ穴の位置まで同じに作っているとのこと。

これで大人の手でも窮屈さを感じることなく思う存分スーパーファミコンをプレイすることが出来ますね。しかもコントローラーは2つ付属しているので、友達とでも子供とでも当時を懐かしみながら協力プレイを楽しむことができます。

また、「スターフォックス」の続編として開発され、当時完成したものの20年間発売されることのなかった幻の「スターフォックス2」も収録。ソフトのパッケージは今回のために新しくデザインしたそうです。

「ミニスーパーファミコン」は付属のUSBケーブルで電源を供給する形となりますが、同時に「ニンテンドーUSB ACアダプター」も1,000円(税別)で発売されるので、一緒に購入すればコンセントから電源を取る事ができます。

「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」専用のACアダプターを持っている場合は、そちらを使用することも出来るそうなので、「ミニファミコン」と一緒にACアダプターを購入している場合は別途買い足す必要はありませんね。

なお、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」の日本での発売日は2017年10月5日で、価格は7,980円(税別)。本体は小型化されたもののコントローラーは当時のままのサイズで、幻の「スターフォックス2」も収録

今プレイしても絶対に楽しめる名作ばかりが収録されていて、価格が10,000円を切っているのでこれはもう買うしかない!絶対に買います!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク