「FireFox」をリリースしている「Mozilla」が「あとで読む」サービスの「Pocket」を買収!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Mac、PCなど向けにWebブラウザ「FireFox」をリリースしている”Mozilla”が、あとで読みたい記事を保存することに特化した「あとで読む」サービスを提供している”Pocket”を買収したことを発表しています。

スポンサーリンク

「Pocket」が「Mozilla」の子会社に

今回の買収に関しては買収金額などは発表されておらず、買収後「Pocket」は「Mozilla」の子会社化されるそうで、会社自体は存続し創業者であるネイト・ワイナー氏を含む25人の従業員で運営が続けられるとのこと。

2007年に創業され「あとで読む」サービスを提供している「Pocket」は、Firefox、Google Chrome、Safari、iOS、Android、Windowsなどの主要なデバイスやプラットフォームで提供されており、月間アクティブユーザーが1,000万人を突破していて、これまでに保存されたコンテンツは30億を超えているそうです。

また、買収後にどのような連携が行われるのかなどについては発表されていませんが、これまで様々なブラウザで提供されていた同サービスの連携先が「FireFox」のみに絞られることだけは避けて欲しいところですね。

なお、今回「Mozilla」に買収された「Pocket」は、Web上の記事や動画などのコンテンツを保存し、後で好きなデバイスから保存したコンテンツをオフラインで見ることの出来る「あとで読む」サービスとなっています。

Mozilla Acquires Pocket – The Mozilla Blog

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク