マストドンの奈良県民向けインスタンス「奈良トドン」がインスタンス名を改称 – 新たな名称は「鹿トドン」に!?

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

最近話題の分散型SNS「Mastodon(マストドン)」ですが、自由にインスタンス(サーバー)を立ち上げることが出来るということで中にはかなり地域性の高いインスタンスも存在しています。

その中でもある事から注目を集めているのが「奈良トドン」。その名の通り奈良県民向けのインスタンスなのですが、この度インスタンス名が「鹿トドン」に改称。一体なにがあったのでしょうか…

スポンサーリンク

進撃の鹿たちによって追いやられた奈良県民

「奈良トドン」は奈良県出身の吉村浩嗣(@hirotsugun)氏が立ち上げた奈良県民向けのマストドンのインスタンス(サーバー)で、当初は奈良県民が交流を深め、奈良を活性化するために立ち上げられたのですが…

一体どうしてこうなったのか、登録者には鹿ばかりで人間がいない模様。
しかも、吉村浩嗣(@hirotsugun)氏のこういった嘆きのツイートがTwitter上でも拡散され、その結果ますます鹿が増え続ける事態を引き起こします。

ついにユーザー数(鹿)は800人を突破。まさにカオスな状況に。

この頃の「奈良トドン」では、鹿らしく「反芻」ブームがきたり…
インスタンスを立ち上げた吉村浩嗣(@hirotsugun)氏がお知らせを投稿すると、皆がこぞって「鹿せんべい」をねだる光景も見られました。

そして、本日ついに「奈良トドン」は限界を迎えたのか、鹿に占領されたのかインスタンス名を「鹿トドン」に改名

何を隠そう筆者も奈良県民で、密かに「奈良トドン」にも鹿として参加していたのですが、まさかインスタンス名が「鹿トドン」に改名されるとは思いませんでしたね。

現在「奈良トドン」改め「鹿トドン」はユーザー数(鹿)が1,000頭を突破しており、目標としている1,100頭も間近に迫ってきていますので、これまで奈良県民じゃないので参加をためらっていた鹿や、これを期に奈良県に興味を持った鹿は、この独特な盛り上がり方をしている「鹿トドン」に是非参加して、GWには奈良県にも遊びに来てみてください。

なお、インスタンスを立ち上げた吉村浩嗣(@hirotsugun)氏は、奈良県橿原市のWebチーム「INVOLVE」の代表を努めていらっしゃる方で、4月19日に「奈良トドン」を立ち上げたものの進撃の鹿たちに敗北。現在は「鹿トドン」の長も努めていらっしゃいます。

mastodon.nara.jp – 鹿トドン

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク