Amazon、Wi-Fi・CPUがさらにパワフルになった「Fire TV Stick (New モデル)」を2017年4月6日より日本でも発売!

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

Amazonが、Wi-Fi・CPUがさらにパワフルになり、音声認識リモコンが付属された「Fire TV Stick (New モデル)」を2017年4月6日より日本でも発売することを発表しています。

スポンサーリンク

ついに日本でも2017年4月6日から販売開始

Fire TV Stick (New モデル)」は、テレビのHDMI端子に挿すだけでAmazonビデオ、Hulu、Netflix、YouTube、Abema TV、DAZN、dTVなど、豊富な映画やビデオを大画面で楽しめるストリーミングデバイス「Fire TV Stick」の新型で、アメリカでは2016年10月に「NEW Fire TV Stick」として発売されています。

新型モデルとなる「Fire TV Stick (New モデル)」では、Wi-Fi・CPUがさらにパワーアップし、クアッドコアプロセッサと専用のGPUが搭載されているのに加え、802.11ac対応のデュアルバンドWi-Fi、Chromecastの2倍のメモリが搭載されており、音声認識リモコンも付属しています。

また、MiracastやiOSの対応アプリでミラーリングも可能となっているので、スマホやタブレットの画面をテレビの大画面に映し出すことも可能で、手のひらサイズの小型スティック型なので出張先や旅先にも簡単に持ち運ぶことが可能です。

なお、価格は4,980円で、発売は2017年4月6日が予定されていますので、現行の「Fire TV Stick」に不満のある方、ストリーミングデバイスをお求めの方はこの機会に購入を検討してみてはいかがでしょうか。

個人的にも現行の「Fire TV Stick」には少し不満があるので、この機会に買い替えてみようと思います。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク