任天堂、年末に向けて「ニンテンドースイッチ」の増産を発表 – 7月、8月も出荷量が増加

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

全国の「ニンテンドースイッチ」難民に朗報です。任天堂が「ニンテンドースイッチ」の品薄状態についてのお詫びとお知らせを発表。その中で今後は「ニンテンドースイッチ」の出荷量を増やし、生産体制をさらに強化することを発表しました。

スポンサーリンク

7月、8月は今月よりも出荷台数を増やし、秋以降は年末商戦に向けて生産体制を強化

「ニンテンドースイッチ」は2017年3月3日に発売されて以降、日本全国で常に品薄状態で、欲しいのに手に入れられない所謂「ニンテンドースイッチ」難民が続出しています。

任天堂の公式オンラインストア「マイニンテンドーストア」でも何度も定期的に再販されていますが毎回すぐに完売。先日はAmazonでも販売が再開しましたがその時も即完売しました。

また、購入希望者が多すぎて再販の度に「マイニンテンドーストア」ではアクセス障害が発生している状態。任天堂によると7月、8月は今月よりも「ニンテンドースイッチ」の出荷台数を増やすようで、今後は少しは「ニンテンドースイッチ」が手に入れやすくなるかもしれません。

現時点でも品薄で入手が困難なのに、7月21日には「Splatoon 2 (スプラトゥーン2)」、8月25日には「MHXX(モンスターハンターダブルクロス)」の発売が決定しているため、今後も需要がますます強くなることは確実。

以前にも「ニンテンドースイッチ」の増産は報じられていますが、WSJによると「ニンテンドースイッチ」に使われている部品が、Appleなどの大手企業と競合しているため増産しようとするとAppleなどと部品の争奪戦になるとも報じられています。

なかなか簡単には増産に踏み切れないようですが、任天堂は秋以降には年末商戦に向けて生産体制をさらに強化することも発表。増産数は明かされていないものの以前の情報では、増産数は1,800万台にも及び、一気に需要が増えるホリデーシーズンまではかなりのペースで生産を強化すると噂されていました。

確実にこれから夏休み、クリスマス、お年玉と需要が高まることが間違いない「ニンテンドースイッチ」ですが、任天堂は需要に供給を追いつかせることが出来るのでしょうか。いつでも買いたい時に「ニンテンドースイッチ」を買える日が近づいていることを期待したいですね。

「Nintendo Switch本体」品薄のお詫びとお知らせ – Nintendo

【関連記事】
【朗報】「ニンテンドースイッチ」が2017年11月までに大幅増産へ
任天堂、ニンテンドースイッチのためにAppleなどと部品の争奪戦に
ニンテンドースイッチの本体更新アップデート「バージョン3.0.0」が配信 – 3DSやWii Uのフレンドにもフレンド申請を送れるように

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク