任天堂、3月3日に29,980円(税別)で「Nintendo Switch」を発売! – 予約受付は1月21日から順次開始

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

任天堂が、2017年1月13日に開催した「Nintendo Switch プレゼンテーション 2017」で、3月3日に「Nintendo Switch」を日本、米国、カナダ、欧州主要国、豪州、香港などで同日発売することを発表しています。

スポンサーリンク

価格は29,980円(税別)

Nintendo Switch」は、TVモード、テーブルモード、携帯モードの3つのプレイスタイルで遊ぶことの出来るハードで、コントローラーである「Joy-Con」を他のプレイヤーに手渡して、ゲームを「おすそわけ」することも可能とのこと。

また、Nintendo Switchのオンラインサービスでは、スマートデバイスアプリと連携し、友達と遊ぶ時間の約束や、プレイ中のボイスチャットなどが可能とのことで、発売からしばらくは無料で提供され、今秋以降には有料での提供が予定されています。

Nintendo Switch」では、Wi-Fiでインターネットに接続してオンライン対戦などが可能な他、本体を持ち寄れば、ローカル通信を使って最大8台でのマルチプレイも楽しめるそうです。

コントローラーである「Joy-Con」には、Joy-Con(L)、Joy-Con(R)があり、それぞれに押し込み入力もできるアナログスティックがついている他、Joy-Con(R)には、ABXYボタンとNFCリーダー/ライターになっていて、amiiboなどのデータの読み込み/書き込みができるHOMEボタンが、Joy-Con(L)には、将来的には動画撮影にも対応する予定のゲーム画面を静止画撮影するためのボタンが付いています。

このJoy-Con(L)に付いているボタンで撮影したゲーム画面はSNSを通じてシェアすることも可能となっています。

さらに、Joy-Conは、加速度センサーやジャイロセンサーで、モーションコントロールを使った操作もできるそうで、本体に接続するレール上にはSLボタン、SRボタンがあり、左右のJoy-Conを別々の、2つのコントローラーとして遊ぶことも出来るとのこと。

カラーのJoy-Conも登場するそうで、Joy-Conを持ちやすくし、SLボタン、SRボタンを押しやすくする「Joy-Conストラップ」にも、別売りでカラーのタイプが用意されています。

そして、Joy-Con(R)には、距離を測ったり物の形や動きを読み取る「モーションIRカメラ」があり、従来より繊細な振動で臨場感を演出する「HD振動」にも対応しているとのことです。

バッテリー持続時間は、ゲームや使用条件により異なるが、約2.5時間から6.5時間程度。USB Type-C端子を通じてACアダプターや携帯バッテリーなどを使って給電しながら遊べるそうで、本体の画面は静電容量式タッチパネルになっています。

その他、別売りで「Nintendo Switch Proコントローラー」の発売も予定されています。

スポンサーリンク

「Nintendo Switch」同梱品

・Nintendo Switch本体
・Joy-Con(L)/(R)
・Joy-Conストラップ×2
・Joy-Conグリップ
・Nintendo Switch ドック
・HDMIケーブル
・専用ACアダプター

なお、「Nintendo Switch」は、日本、米国、カナダ、欧州主要国、豪州、香港などで3月3日に発売が予定されており、グレーのJoy-Conが入ったモデルと、ネオンレッドとネオンブルーのJoy-Conがひとつずつ入ったモデルの2モデルが販売され、価格はともに29,980円(税別)で、予約受付は1月21日から順次開始となっています。

Nintendo Switch 3月3日発売決定! 本体やコントローラーの詳細も発表。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク