岡崎体育、字幕が無ければ全く日本語歌詞として聞こえない新曲「Natural Lips」のMVが公開

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

常人離れした発想の音楽で注目を集める岡崎体育が、6月14日発売の2nd Album「XXL」に収録される新曲「Natural Lips」のMVが公開され、今話題となっています。

スポンサーリンク

英語に聴こえる日本語

以前公開された2nd Album「XXL」に収録されている楽曲「感情のピクセル」のMVが、YouTubeにて公開1週間で200万再生の記録を叩き出して話題を呼んだ岡崎体育ですが、今回新たに、同アルバムに収録されている新曲「Natural Lips」のMVが公開されました。

MVの冒頭には、日本語として聞き取りにくい発音で歌っているので、映像に表示される歌詞ををよく読んで鑑賞するようにとの注意が。前回の「感情のピクセル」のMVの印象が強すぎて、この注意からどういった楽曲に仕上がっているのか全く想像がつきません。

MVはクロマキー合成のような映像が流れ、監督・演出は岡崎体育が務め、岡崎体育とブスと美人の1人3役となっています。
日本語歌詞の楽曲ですが、独特な発音を用いて歌い上げていて、歌詞の表示が無ければ、完全に英語にしか聴こえません。
これは2016年に岡崎体育がTwiiter上に投稿した「冷蔵庫に貼ってあったメモ書きを英語風に読んでみた」というツイートから着想を得たものとされています。

MVの映像をみれば、かなり笑いのエッセンスを盛り込んだ作品に聴こえますが、映像を見ずに楽曲単体で視聴すると、クールな楽曲にしか聴こえないという二面性を楽しめる岡崎マジックが効いた楽曲になっています。気になる方は映像・歌詞の有りと無しで一度視聴してみて下さい。

[via 音楽ナタリー]

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク