岡崎体育、新曲「感情のピクセル」のMVがカッコイイはずなのに爆笑してしまうと話題に

2017年5月15日

どうも!Hi-ブリッジmax(@Hi_B_max)デス!

岡崎体育の最新曲「感情のピクセル」のMVが公開となり、圧倒的にカッコイイはずのイントロから、どうしてそうなってしまったと考えさせられ、頭に残る岡崎体育らしい歌詞が爆笑必至の仕上がりで話題となっています。

SPONSORED LINK

感情のピクセル

2017年6月14日に発売する岡崎体育の2nd Album「XXL」に収録される楽曲「感情のピクセル」のMVが公開されました。「MUSIC VIDEO」以来1年ぶりのMVで、映像をつくるお寿司の妖精「寿司くん」と岡崎体育のコラボで、またもや爆笑必至でインパクト抜群の出来となっています。

バックバンドを従えて、イントロの激しいサウンドからこれまでの岡崎体育からは想像出来ないカッコよさっぷりにまず衝撃を受けます。曲調と同様に歌詞にもシリアス感があり、ユニークさはどこへいってしまったのかと思いきや、サビで一気に岡崎体育らしさが。

教育番組も開いた口が塞がらない動物さんたちが大集合し、うんぱっぱのぶんぶんで、おなかぽんぽんぽんのやっほーともう何がどうなってしまったのか解らない展開に。

しかし、着ぐるみと振り付けが妙に可愛らしく仕上がっています。キツネさんがおなかを張り出してぽんぽんぽんとやっているのが最高ですね。

そして、謎展開からカッコイイ場面に戻り疾走感のある曲調で「風の色は見えないけど」と歌詞に聞き入っていると、「前までは見えてた怖っ」と爆笑がすでに堪えられません。

ラウドロックのMVにたまに見ることがある、トランシーバーでなにかを叫んでいるシーンで、ラジオボイスで何を言っているかわかりませんがとにかく叫んでいます。「感情のピクセル」とだけは聴き取る事ができました。

その叫びを聴いて「何て?」と楽曲を聴いてる人の心をそのまま代弁するあたり、もう爆笑が止まりません。

後はひたすらワニさんが動物さんたちの輪に入る事ができないスト−リー展開で、ウサギさんやブタさんたち哺乳類と、ワニさん属する爬虫類のカテゴリーの壁を越える事が出来ず、にこやかな動物さんたちにどこか闇を感じますね。

笑ってしまう要素が満載で、歌詞がキラーワードすぎてしっかり頭に残ってしまいますし、気が付けば口ずさむ位影響力の強い楽曲に仕上がっていますので、是非一度聴いてみて下さい。気がつけばこの曲が収録されている2nd Album「XXL」を思わず手にとっているかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう


PAGE TOP