pixiv、マストドンの世界最大規模のインスタンス「Pawoo」のAndroid版アプリをリリース – iOS版は近日中公開予定

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

pixivは、分散型SNSサービス「Mastodon(マストドン)」で世界最大規模のインスタンス(サーバ)「Pawoo」を運営していますが、本日4月24日に通知機能やタイムライン切替機能を搭載したマストドンクライアントアプリのAndroid版をリリースしたと発表しています。

スポンサーリンク

iOS版アプリは近日中に公開予定

ピクシブが運営している「Pawoo」は、世界中のイラストや漫画、小説、音楽好きなどが集まり、共通の趣味を持つ人々と「創作活動や自由なコミュニケーションを楽しめる」インスタンス(サーバ)で、現在8万人を超えるユーザーが利用していて、ユーザー数では世界最大規模を誇り、pixivアカウントでユーザー登録をすることができのも大きな特徴となっています。

本日ピクシブがリリースしたクライアントアプリでは、同社が運営するインスタンス「Pawoo」だけではなく、他の「mstdn.jp」などのインスタンスにログインすることも可能なので「Pawoo」を利用しているユーザーだけではなく「Mastodon(マストドン)」を利用しているすべてのユーザーが幅広く使うことの出来るクライアントアプリです。

また、下記のようなウェブ版と同等の機能に加え、アプリ版ならではの通知機能も搭載されていて、今後も機能は拡充される予定となっています。

・ホーム:フォローしたアカウントの投稿を見られるタイムライン
・ローカルタイムライン:所属するインスタンスの全ての投稿が見られるタイムライン
・連合タイムライン:他インスタンスの投稿を含めて見られるタイムライン
・トゥート(Toot):文章や画像を投稿
・ブースト(Boost):他アカウントの投稿を再投稿し、拡散
・ミュート:特定のアカウントの投稿を見ないようにする
・ブロック:特定のアカウントからのフォローの無効化、そのアカウントの投稿を見ないようにする
・お気に入り:お気に入りの投稿を保存できます。お気に入りの投稿を一覧表示することも可能
・検索機能:タグで投稿を検索(アカウント検索は追って実装予定)
・公開設定:投稿時にフォロワーのみ、公開、特定アカウントのみの3つの公開範囲を選択可能

さらに、投稿の一部を非表示にして閲覧制限をかけて投稿し、見るユーザー側が任意に表示するかどうかを決めることの出来る「CW(Content Warning)」と呼ばれる機能や、画像を非表示で投稿し、見るユーザー側が任意に表示を切り替えることが出来る「NSFW(Not Safe For Working)」と呼ばれる機能も搭載されていて、ユーザーが安心して投稿し、見る側も安心して利用することが出来るシステムが構築されているのも特徴となっています。

なお、本日リリースされたのはAndroid版アプリのみですが、iOS版アプリも近日中に公開予定となっていますので「Pawoo」だけではなく「Mastodon(マストドン)」を利用しているユーザーは是非一度アプリをチェックしてみてはいかがでしょうか。

ニュースリリース
マストドンアプリ「Pawoo」 – Google Play


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク