【ポケモンGO】新しくなった「ジム」が利用可能に – 「レイドバトル」は試験的にレベル35から

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

昨日、トレーナーの協力プレイ「レイドバトル」が実装された「Pokémon GO(ver 0.67.1 / 1.37.1)」がApp StoreGoogle Play Storeでダウンロード可能になったことをお伝えしました。

ただ、昨日の時点ではまだ「ジム」の利用停止が解除されておらず、新しくなった「ジム」も、新たに実装された「レイドバトル」も楽しむことは出来ませんでしたが、本日「ジム」の利用停止が解除され、最大20人のトレーナーが協力して強大な「ボスポケモン」を倒す「レイドバトル」にチャレンジできるようになりました。

スポンサーリンク

今はまだレベルが35以上のトレーナーが一部の「ジム」でのみプレイ可能

システムが刷新され新しくなった「ジム」では、バトルに勝つことでジム固有の写真の入った「ジムバッジ」が貰えるようになった他、ジムにいるポケモンに「きのみ」をあげること、ジムのフォトディスクを回転させることなどでランクが上がり、ジムバッジのランクが上がると、フォトディスクを回転させたときにもらえる道具が少し増えたり、ジムで得られる報酬が通常より多くなります。

また、新機能として配置されているポケモンに「やる気」システムが追加。「やる気」が低下したポケモンはCPが下がるので、同じチームのトレーナーがジムに配置されたポケモンへ「きのみ」をあげるなどして「やる気」を回復する必要があります。

新しい「ジム」ではポケモンを配置できるスロットが6つになっていて、同じポケモンを配置することは不可に。これによって、これまでのようにカイリューなどの強いポケモンばかりが配置されるということがなくなりました。

さらに、今回のアップデートの目玉機能となる協力バトル「レイドバトル」も実装。最大同時20名のトレーナーと一緒に「ボスポケモン」と戦うことになる「レイドバトル」では、制限時間内に倒した「ボスポケモン」をゲットできたり、限定の新しい道具を手に入れることができます。

「レイドバトル」は試験的にトレーナーレベルの高いプレイヤーから順次提供されるとのことでしたが、本日、公式発表があり現時点で参加するには35以上のトレーナーレベルが必要条件であることが判明。

今後は段階的にトレーナーレベル5以上のすべてのトレーナーが、すべてのジムで「レイドバトル」に参加できるようになるそうですが、現時点ではかなりやり込んだ上位トレーナーが一部の「ジム」でのみ楽しむことが出来るようです。

なお、今回のアップデートに伴い、バッグアップグレードによって持てる道具の上限が1,500個にまで拡大されていて、ゲーム内の「ショップ」でポケコインと交換してバッグの容量を増やすことができるようになっています。

【関連記事】
【ポケモンGO】「レイドバトル」を実装した「Pokémon GO(ver 0.67.1 / 1.37.1)」の配信が開始
【ポケモンGO】協力プレイ「レイドバトル」などを実装した「最新バージョン 0.67.1 / 1.37.1」へのアップデートをリリース
【ポケモンGO】これまでで最大のアップデートを実施へ – ジムが新しくなり強力なポケモンを倒す「レイドバトル」が実装
【ポケモンGO】1周年を記念してゲーム内イベントやリアルイベントを開催へ – 協力プレイも実装

Pokémon GO Pokémon GO 1.37.1
価格: 無料 (記事執筆時)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク