【実装には】ポケモンGO、地域格差問題の解消やポケモン交換機能の追加へ【少し時間が】

スポンサーリンク

どうも!スーザンmax (@suuzan_max)です。

SankeiBizは、ポケモンGOの企画開発・運営に携わるポケモン社とNianticの幹部が取材に応じ、地方都市でアイテムを獲得できる場所が比較的少ないなど、都市部と遊びやすさに差がある状況を地方自治体との連携などで改善する方針を示したと報じています。

スポンサーリンク

地域格差問題の解消へ

Nianticは今月、東日本大震災、熊本地震で被災した岩手、宮城、福島、熊本の4県と観光集客による復興支援で連携しており、これは「地方と都市の格差を解決する一つの手法だ」とのことで、「都市部の人が地方を訪ねたくなるような仕掛けも考えたい」とも述べています。

また、ポケモンを交換できる新機能については、利用者が多いため、準備に時間がかかる可能性があるものの「できるだけ早期に実現できるように取り組みたい」とコメントしているとのこと。

なお、現在ポケモンGOに登場するポケモンの種類は150種類程度ですが、これまでのゲームやアニメに登場したのは720種類あり、徐々に追加されていく見通しとしています。

価格: 無料 (記事執筆時)
カテゴリ: ゲーム
App Storeでダウンロードする。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

スポンサーリンク